FC2ブログ

◆希少な東京芝浦電気製の東芝4チャンネルセパレートステレオ”BOSTON”「SP-717」修復修理 VOL5

.27 2020 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE49_750X245.jpg


希少な東京芝浦電気製の東芝4チャンネルセパレートステレオ”BOSTON”「SP-717」修復修理の記録です。
真空管や半導体分野ではトップを走っていたお堅いイメージの「技術の東芝」が本格的にオーディオに進出
した当時のセパレートステレオ"IC BOSTON"です。 最先端のICをふんだんに使用した4CH STEREOです。


IMGP3626_600X401.png

↑ チューナーアンプシャーシーのメンテナンスを終えてフロントスピーカーを接続して音出しテストを
行いました。

流石に25cmウーハー3WAYは低音が素晴らしい。


IMGP3605_600x380.jpg

↑ いい感じで音出しテストを続けておりました・・・・・

途中、FMから流れる音に違和感を感じました。 直感的に右スピーカーがおかしい音です。


IMGP3589_600X519.jpg

↑ スピーカーをチェックしますとスピーカーコーンが破断しています。

強力な低音のドライブに耐えられなかった様子です。


IMGP3591_600X401.jpg

IMGP3592_600X401.jpg

IMGP3586_600X401.jpg

↑ 手持ち在庫の中古スピーカーの中からPIONEER S-77の25cmウーハーを代替に使用いたします。


IMGP3583_600X401.jpg

IMGP3588_600X401.jpg

↑ ボイスコイルインピーダンスも8Ωで合致したします。


IMGP3593_600X343.jpg

↑ 左も交換を行います。


IMGP3595_600X356.jpg

↑ 両ウーハーの交換を行いました。


IMGP3598_600X500.jpg

↑ PIONEER 25cmウーハーの品質は良好です。
 

IMGP3607_600x401.png

IMGP3599_600x401.jpg

IMGP3608_600x401.jpg

↑ これで安心です。 アコースティックレンズの高音と云い音が飛び出して来る感じです。




 
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1525-67bbf19a