FC2ブログ

◆希少な東京芝浦電気製の東芝4チャンネルセパレートステレオ”BOSTON”「SP-717」修復修理 VOL8

.02 2020 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE49_750X245.jpg


希少な東京芝浦電気製の東芝4チャンネルセパレートステレオ”BOSTON”「SP-717」修復修理の記録です。
真空管や半導体分野ではトップを走っていたお堅いイメージの「技術の東芝」が本格的にオーディオに進出
した当時のセパレートステレオ"IC BOSTON"です。 最先端のICをふんだんに使用した4CH STEREOです。



IMGP3697_600X624.jpg

↑ 簡易FMアンテナをキャビネットの背面に取り付けました。

これによりFM放送を簡単に受信が出来ます。 
FMアンテナに指向性がありますので、設置の向きにより感度が変わります。
直角方向が最も感度が良くなります。 水平方向が最低になります。




簡易FMアンテナを取り付け中にキャビネットの底面のダメージの酷さを見て、
このままでは、益々剥離が進行して側板が崩れて行く懸念があります。今のうちに強化を行っておきます。

IMGP3552_600X429.jpg

しかし、実際のセッテイング状態は下に台座がありますから、何か直置きにしなければならない
問題があったのでしょうか?疑問が残ります。
そして、スピーカーの方は底板にダメージはなくきれいな状態です。
想像ではセンター部分とスピーカーは並べてセットで置かずに別置きになっていたのでしょうか。



IMGP3703_600X361.jpg

IMGP3705_600X401.jpg

↑↓ 酷いです。

IMGP3706_600X401.jpg

IMGP3707_600X405.jpg

↑↓ パーチクルボードの側板がここまですり切れた状態は、コンクリートの上を何回も引きずったりしないと
ならないと思います。 謎が残ります。

IMGP3708_600X401.jpg

IMGP3709_600X413.jpg

↑ 木工ボンドを塗り込んで圧着して接着を行います。


IMGP3711_600X401.jpg

↑ 完全に乾燥すると透明になります。


IMGP3714_600X401.jpg

↑ 前面下扉の下側はレザー貼りの表面材の剥がれが広がらないように接着を行っておきます。


IMGP3716_600X440.jpg

↑ 10時間かかって完全に固まりました。 これて安心です。




 
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1529-65cc4ce8