FC2ブログ

◆1960年代ナショナル真空管式HiFi Stereo「SE-8800」の修復修理 VOL6(最終工程)

.30 2020 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE48_750X245.jpg


予てより遠方からお持ち込みを頂いておりました1960年代ナショナル真空管式HiFi Stereo「SE-8800」の修復修理の記録です。



最終のエージングテストになる筈でしたが、レコードプレーヤーが変な動きを時々しています。
オートリターンはレコード演奏中にトーンアームがレコード盤の終端に差し掛かって、
カートリッジの針先がレコード面から離れて浮き上がりアームがリターンしてアームレストに戻る一連の動作を
しないで、リフトアップのタイミングが遅れてリターンするため、針先がレコード面を擦る状態になります。




IMGP3862_600X900.jpg

↑ プレーヤーをキャビネットから降ろして点検を行い原因を究明いたします。


IMGP3870_600X401.jpg

↑ オートメカの構造上の調整などは最適な状態に修復を行った結果、異状はありません。

そこて、目を付けたのがマイクロスイッチ関連の不具合が考えられますので、
2箇所のマイクロスイッチの交換を行いました。


IMGP3872_600X379.jpg

↑ 2箇所のマイクロスイッチの交換の結果、効果が的中いたしました。 


IMGP3837_600X401.jpg

↑ 正常動作を取り戻しました。


IMGP3839_600X401.jpg

↑ 回転数を「回転ストロボスコープ」でピッタリ合致していることを確認いたしました。


IMGP3845_600X400.jpg

IMGP3847_600X401.jpg

IMGP3850_600X401.jpg


IMGP3851_600X401.jpg

IMGP3855_600X440.jpg

IMGP3863_600X618.jpg

IMGP3866_600X401.jpg

IMGP3867_600X401.jpg

↑ 不良プレーヤーの残骸ですが、保管をしておきます。




 
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1534-1a35ff5a