FC2ブログ

◆1950年代ナショナルオールウエーブスーパーヘテロダイン真空管ラジオ「QA-700」の修復修理 VOL4

.06 2021 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE50_750X245.jpg

予てよりお預かりしておりました1950年代ナショナルオールウエーブスーパーヘテロダイン真空管ラジオ「QA-700」の修復修理の記録です。



愈々最終工程のキャビネットの補修作業に入ります。



IMGP4161_600x401.jpg

↑ キャビネットの塗装を完了してきれいに蘇った様子です。 (完成画像)


IMGP4111_600x356.jpg

↑ 最初のキャビネットの外観は60年以上保管の経年劣化で風化状態でした。


IMGP4112_600x401.jpg

↑ 塗装が剥がれて木肌がむき出しになっています。


IMGP4113_600x401.jpg

↑ 木肌がむき出しの部分を色付けして埋めていきます。


IMGP4114_600x401.jpg

↑ レトロ感を残しながら整った形できれいにいたします。


IMGP4168_600x367.jpg

↑ ウレタンニスを乾いてから3回重ね塗りを行いました。


IMGP4162_600x401.jpg

↑ 前面下部のツマミの配列部分も風化により見苦しくなっていましたが、
ここは重ね塗りをすると文字が消えそうですので1回塗りにいたしました。


IMGP4167_600x401.jpg

IMGP4159_600x401.jpg

↑ 背面の様子です。

アンテナ線2mを接続端子に半田付けを行いました。
この当時は外部アンテナが必要でした。
このアンテナ線の全長を伸ばして下に垂らすだけで短波放送も受信できます。


IMGP4174_600x373.jpg

↑ 素晴らしい音質/音量で元気に鳴っております。




 
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1547-38705d18