FC2ブログ

◆1950年代ナショナルオールウエーブスーパーヘテロダイン真空管ラジオ「QA-700」の修復修理 VOL5(最終工程)

.05 2021 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)


BANNRE50_750X245.jpg

予てよりお預かりしておりました1950年代ナショナルオールウエーブスーパーヘテロダイン真空管ラジオ「QA-700」の修復修理の記録です。



修復修理の主要工程を終えてエージングを続けておりました。何の問題もなく好調です。
しかし、なんとなく.達成感を得られないのは、ラジオの顔に当たるダイヤル表示盤.の劣化です。



IMGP4108_600x401.jpg

IMGP4174_600x470.jpg

↑ ラジオのダイヤル表示盤.はラジオ局のコールサインなどの表示盤とバックボードの2重構造に
なっています。

バックボードのクリーム色塗装が劣化して剥がれています。

ダイヤル表示盤を分解して、バックボードの塗装を剥がして塗り替えを行います。






IMGP8395_600X936.jpg

↑ シャーシーを取り外してダイヤル表示盤を取り外します。


IMGP8394_600X905.jpg

IMGP8398_600X819.jpg

IMGP8399_600X695.jpg

IMGP8400_600X401.jpg

↑ バックボードを取り外しました。


IMGP8402_600X401.jpg

IMGP8406_600X401.jpg

↑ 取り外しますと凄いことになっていました。


IMGP8415_600X401.jpg

↑ サンドペーパー掛けをして再塗装を行いました。


IMGP8407_600X331.jpg

IMGP8408_600X343.jpg

IMGP8410_600X360.jpg

IMGP8416_600X370.jpg

IMGP8417_600X401.jpg

IMGP8419_600X381.jpg

↑ 再塗装済みのバックボードを組み込みました。


IMGP8425_600x450.jpg

↑ すっきり致しました。


IMGP8424_600X394.jpg

IMGP8425_600X401.jpg

IMGP8428_600x350.jpg

↑ 4箇所の脚ゴムを交換いたしました。


IMGP8429_600x401.jpg

IMGP8431_600x387.jpg

IMGP8432_600x401.jpg

↑ 劣化した脚ゴムです。


IMGP8424_600X394.jpg

↑ 何事もなかったように60数年をタイムシフトしました。 元気な音を奏でています。




 
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1556-d3fe357b