FC2ブログ

◆希少な1960年後期のトリオカセットデッキ「KX-7010A」の修復修理

.04 2015 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
      
1960年後期の全半導体仕様のセパレートステレオ「SANSUI APS-1200M 」の修復修理
で一緒に送られてきました。
非常に珍しい1960年後期のトリオカセットデッキ「KX-7010A」の修復修理のお見積もりの
為の仮修理を行ないました。


DSCF5264_500x375.jpg

↑ こじんまりカッチリとまとまった、使いやすそうなカセットデッキです。


DSCF5265_500x375.jpg

↑ DINケーブル1本の接続で録音/再生が出来ます。


DSCF5259_500x375.jpg

↑ 上面です。 カセットデッキのメカを調べました。

テープスピードが若干遅いですが再生はOKです。
早送り/巻き戻しが不具合です。
少し回って停止します。全く動かない時もあります。
テープカウンターが動作しません。


DSCF5247_500x375.jpg

↑ 裏側です。 


DSCF5260_500x375.jpg

↑ 点検の結果3種類のベルトが経年劣化で伸びてスリップしていました。

上のベルトは伸びて変形したベルトです。
下のベルトは交換用の新しいベルトです。


DSCF5254_500x375.jpg

↑ ドライブベルトの交換です。


DSCF5250_500x375.jpg

↑ 狭いヶ所のベルト交換は工夫とコツがいります。


DSCF5252_500x375.jpg

↑ カウンターベルトの交換です。


DSCF5256_500x375.jpg

DSCF5258_500x375.jpg

↑ テープカウンタは動きました。


DSCF5248_500x375.jpg

DSCF5266_500x375.jpg

↑ アナログ式は風情があります。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/449-71433131