FC2ブログ

◆ナショナルTechnicsセパレートステレオ「SC-1700」の修復修理 VOL3

.04 2015 レトロオーディオの修理 comment(2) trackback(0)

ナショナルTechnicsセパレートステレオ「SC-1700」の修復修理でセンター部分(チューナ
ーアンプ/レコードプレーヤー)の発送を終えまして、オリジナルのスピーカーに接続して
いただきました。
その結果右側の「3WAYスピーカーシステム」の中音スピーカー(ホーンスピーカー)が鳴ら
ないとご連絡をいただきました。
左右のスピーカーシステムの接続を入れ替えても症状は変わりませんので、検査のため
右側スピーカーシステムを送っていただきました。


DSCF7563_500X586.jpg

↑ サランネットを取り外した状態です。 


DSCF7562_500X375.jpg

↑ ホーンスコーカーは中音域を拡散させるラッパ型のホーンが付いています。


DSCF7558_500X687.jpg

↑ 上  高音ツィーター    中  中音スコーカー   下  低音30cmウーハー



DSCF7559_500X375.jpg

↑ やはり予想通り中音部のスピーカーユニットのボイスコイルの断線です。


DSCF7579_500X667.jpg

↑ 各種の小型スピーカーの中からサイズ/インピーダンス/パワー等を考慮して取り付け
可能な代替え品を探します。


DSCF7581_500X375.jpg

DSCF7582_500X375.jpg

↑ 上2つを選びましたが、左はエッジのダメージとパワー不足のため、右を採用いたします。


DSCF7583_500X375.jpg

DSCF7585_500X375.jpg

↑ 左 不良のスピーカーユニット      右 交換用のスピーカーユニット


DSCF7568_500X375.jpg

↑ ホーンを取り外しました。


DSCF7569_500X375.jpg

DSCF7570_500X375.jpg

DSCF7565_500X375.jpg

DSCF7566_500X375.jpg

DSCF7567_500X375.jpg

↑ 大きさ、形状が違うため工夫して取り付けます。 完璧です。


DSCF7573_500X375.jpg

↑ エンクロージャーにマウントします。 スピーカーユニットの + - の極性を合わせます。
逆性は音が打ち消しあって歪んでしまいます。


DSCF7576_500X667.jpg

DSCF7577_500X667.jpg

↑ 音出しテストを行っています。 やはり中音部は大切です。音に活力が出ます。

厳密にはTechnicsの同等のユニットを使用したいのは当然ですが、現在は入手が
不可能な状態ですから、いかにオリジナルに近く甦らせるかが重要です。
左右の音の違いは、あると思いますが、中音スピーカーが鳴っていないことを考え
ると遥かに気持ちよく使えると思います。

レトロオーディオをゆったりとお楽しみください。





関連記事

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020.10.04 22:12
denkiDr
> sc1400のステレオセットに最近のアンプを接続したいのですが、コネクターの形が違う為つなぐことが出来ません。何か良い方法がありましたらお教えくだだい。
> よろしくお願いします。

ヨネデン米川でございます。
ご質問にお答えいたします。Technics SC-1400はマルチアンプの為、スピーカーユニットは低音スピーカーと中高音スピーカーをそれぞれ別々に低音アンプと中高音アンプに接続してあります。

このままでは通常のアンプに使用はできませんが、配線を改造することによりまして、使用が可能になりますが、スピーカーケーブルの交換など、かなりの費用が掛かります。ご自分での改造は経験のない方には不可能です。
2020.10.17 10:36

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/562-b180c4e8