FC2ブログ

◆ビンテージ電蓄1940年代MADE IN USA PHILCO MODEL 650の修復修理 VOL8

.20 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

ビンテージ電蓄1940年代MADE IN USA PHILCO MODEL 650の修復修理は
ご要望のヘッドホンジャックの増設を行います。

ヘッドホンジャックは標準的な「ステレオ用6.3φ」といたします。


DSCN4818_500X375.jpg

↑ 当然この電蓄はモノラルですから、普通のモノラルジャックを使用しますと、
ステレオヘッドホンを使用した場合、片方のみしか鳴りません。

ひと工夫を行い、ステレオ用ジャックを使用して、配線も更に工夫を加えて両ユニットを
駆動させる方法をとります。

それと同時に色々な用途に外部入力端子AUXも設けたいと考えました。

↓ 画像左がヘッドホンジャック       画像右がAUX端子のピンジャック

DSCN4819_500X375.jpg



取り付け位置は外観に触れずに、レコードプレーヤーボードの針ケースを取り除き
その穴を利用いたします。




DSCN4823_500X375.jpg

DSCN4824_500X375.jpg

DSCN4829_500X375.jpg

DSCN4842_500X375.jpg

↑ 体裁よく取り付けが出来ました。


DSCN4825_500X375.jpg

↑ レコードプレーヤーの裏面の配線の交換を行いました。


DSCN4836_500X375.jpg

DSCN4837_500X375.jpg

↑ ヘッドホンジャックの配線はかなり複雑です。
ヘッドホンを差込むとスピーカーの音が消えることが必須条件になります。


DSCN4844_500X375.jpg

DSCN4846_500X375.jpg

↑ AUX端子にCDを入力して上々のテスト中です。


DSCN4847_500X375.jpg

↑ スピーカーを仮取り付けをしてテスト中です。

やはり、キャビネットに取り付けますと一段と良くなります。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/710-ad5fb9f1