FC2ブログ

◆ビンテージ電蓄1940年代MADE IN USA PHILCO MODEL 650の修復修理 VOL9

.21 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

ビンテージ電蓄1940年代MADE IN USA PHILCO MODEL 650の修復修理 VOL8で
記載漏れがありました。


DSCN4834_500x375.jpg

↑ ヘッドホンジャックの取り付けを行い、テスト時にヘッドホンで聴くとボリュームを絞り
切ってもハムが目立ちます。

これは、B電源のリップル(脈流)が原因です。
真空管のヒーター電源はA電源と云い低電圧の交流(AC)です。

真空管のプレートなどの電源はB電源と云い高電圧の直流(DC)です。
この直流高電圧は交流300Vを両波整流と云う回路で直流に変換します。

しかし、その直流には交流60Hz×2=120Hzの脈流分(リップル)が含まれています。
この僅かな脈流分(リップル)が増幅されてハム音になります。
この脈流分(リップル)を平滑にするために大容量の電解コンデンサーを使用いたします。


DSCN4850_500x375.jpg

↑ 脈流分(リップル)を平滑にするために大容量の電解コンデンサーと抵抗器により
平滑回路をもう一段増設を行います。

400WV/100μF大容量電解コンデンサーと抵抗器を取り付けました。

電解コンデンサーの下に写っているヒューズホルダー/ガラス管ヒューズは
機器全体のAC100V電源回路に安全の為取り付けました。



DSCN4851_500x382.jpg

DSCN4857_500x375.jpg

↑ 抵抗器はスペースの関係で空いた個所に取り付けました。

これで、ハム音は解消されました。


DSCN4825_500x401.jpg

↑ レコードプレーヤーボードに写っているガラス管ヒューズはフォノモーター電源回路に
安全の為取り付けました。






関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/711-816144c2