FC2ブログ

◆1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/IS」の修復修理 VOL1

.09 2016 レトロオーディオの修理 comment(1) trackback(0)

修復修理でお預かりしておりました、
1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/ISは、
お見積もりの為の仮修理の作業途中でAM/FMチューナーがFMは受信可能ですがAMが
全く動作せず、チューナー基板内の特殊なトランジスターの不良が確認できましたが、
調達に手間取りまして、中断しておりました。


DSCN7016_500x368.jpg

DSCN7018_500x375.jpg

↑ このパイオニアセパレートステレオ「S-70/ISは当時のパイオニアの力作で半導体を
使用したステレオの希少な製品です。


DSCN7021_500x375.jpg

↑ 背面の様子です。


DSCN7022_500x375.jpg

DSCN7023_500x375.jpg

↑ リムドライブ方式のレコードプレーヤーを採用しています。


DSCN7025_500x375.jpg

DSCN7026_500x375.jpg

DSCN7028_500x375.jpg

DSCN7024_500x375.jpg

DSCN7033_500x637.jpg

↑ 基板シャーシー上面の全体像です。


DSCN7027_500x375.jpg

DSCN7027_500x667.jpg

↑ 基板シャーシー裏面の全体像です。


DSCN7031_500x375.jpg

↑ FMラジオは受信可能ですが、AMラジオが全く動作を停止しています。
その逆はありますが、珍しいことです。

詳細に点検の結果チューナー基板内の特殊なトランジスター「NEC製2SC839」
と「NEC製2SC838」の不良が確認できましたが、調達が遅れました。
「NEC製2SC838」は調達不能で「NEC製2SC839」を代替えで使用することにしました。

TRの頭の黄色の方が「NEC製2SC839」です。


DSCN7313_500x374.jpg

↑ 交換を完了しました。


DSCN7316_500x667.jpg

↑ 的中していました。  成功です。


DSCN7317_500x375.jpg

DSCN7318_500x667.jpg

DSCN7319_500x375.jpg

DSCN7321_500x375.jpg

DSCN7328_500x664.jpg

↑ 交換後のテストは好調です。


DSCN7325_500x425.jpg

↑ 上段の2個が 不良の「NEC製2SC838」と黄色の方が「NEC製2SC839」です。

   下段の2個が 交換に使用した新品の「NEC製[2SC839」2個です。

次はレコードプレーヤーの修復修理を行います。

  


関連記事

denkiDr
> はじめまして。
> ぜひ教えて頂きたい事があります。父の使っていたパイオニアのレコードプレーヤー、s-70/isを今も愛用しているのですがアンプとスピーカーを繋ぐケーブルが経年劣化で皮膜が割れてしまいました。使用するには現在支障はないのですが、出来れば取り替えたいと思ってます。しかしアンプ、スピーカー側それぞれ見た事がない端子で探す術がありません。名称だけでも知りたいのですが…あまりに手がかりがなくて。
> 不躾なお願いで失礼かと思いますがぜひご教授お願いします。
2017.11.24 09:53

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/831-db339b78