FC2ブログ

◆珍しい1960年代後期のオールトランジスタ TRIOセパレートステレオ「3000」の修復修理 VOL1

.29 2017 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
   
珍しい1960年代後期のオールトランジスタ TRIOセパレートステレオ「3000」の修復修理のご依頼を
頂きました。
当時のTRIOの初期のステレオの型番は数字のみでした。


IMGP0096_550X356.jpg

↑ 見ているうちにだんだん好きになるシンプルなデザインです。


IMGP0092_550X304.jpg

IMGP0094_550X735.jpg

IMGP0095_550X250.jpg

IMGP0099_550X802.jpg

IMGP0101_550X362.jpg

IMGP0102_550X367.jpg

IMGP0104_550X367.jpg

IMGP0106_550X367.jpg

IMGP0107_550X367.jpg

↑ ここまでアンプチューナーシャーシーの点検で何とか片方の音出しが確認出来ました。


IMGP0097_550X367.jpg

↑ レコードプレーヤーはベルトドライブではなくアイドラーによるリムドライブを採用しています。


IMGP0111_550x382.jpg

IMGP0108_550X367.jpg

IMGP0109_550X367.jpg

IMGP0110_550x367.jpg

IMGP0113_550x367.jpg

IMGP0112_550x367.jpg

↑ プレーヤーは回転しません。

フォノモーターは回転しますが回転トルクがターンテーブルに伝導しません。
原因はモーターキャプスタンとアイドラーの位置が大幅にずれています。

全体的に修復可能な状態です。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/907-fed2491e